住宅メーカーのデメリット

値段が少し高めに設定されている

ハウスメーカーは全国規模で営業を行っているサービスです。それだけに多くの広告を出す、コマーシャルやパンプレットといったものを使用して営業を行っています。他にも住宅展示会を開催したりしているのでコストがかかっているのがネックです。このコストは住宅の販売価格に上乗せされているので値段は一般的な工務店と比べると少し高めの設定をしています。そこでハウスメーカーではなるべくコストを抑えるために専用工場で規格化したパーツを作っているのが特徴です。パーツは現地で組み立てるだけでいいので工期を短くできるためコスト削減ができます。組み立てるだけなので大工さんの腕前に左右されないメリットもあるので、クオリティの安定した住宅を建築可能です。

間取り変更や土地にもデメリットがある

基本的に規格化されたシステムを採用しているのでハウスメーカーの住宅は自由度が低くなっているのがネックです。例えば二階の間取りを変更したいときにも融通が利きにくいため、自由設計をしたいときには工務店がおすすめと言えます。ただしそれを補うために豊富な商品を提案してくれるので要望に合った住宅を探しやすいです。規格化されたパーツを組み立てるだけなので特殊な形状の土地に対応しにくい部分もハウスメーカーのデメリットと言えるでしょう。狭小土地といった狭い土地に建築できる住宅を扱っているサービスもありますが多くはないです。特殊形状の土地を購入予定なら、ある程度融通の利く工務店や設計事務所への依頼をするのが理想的といえます。

工務店に依頼する場合