工務店のデメリット

ハウスメーカーと比べて総額が高くなりやすい

家造りを工務店に依頼する場合には、ハウスメーカーと比べて総額が高くなりやすい傾向があるため、早めに担当のスタッフに予算を伝えておくことが重要です。特に、工法や木材、デザインなどにこだわりのある工務店においては、オリジナリティのある家造りができるものの、店舗によって同じタイプの分譲住宅の二倍以上の費用を請求されるケースも少なくありません。そこで、出費を最小限に抑えたい場合には、リーズナブルな価格の注文住宅を多く扱っているところや、仲介手数料やデザイン料が安いところを依頼先に選ぶことが大切です。その他、各地の工務店の注文住宅の施工事例を比較して、おおよその購入価格の相場を確認しておくことも大事です。

信頼できる工務店を選ぶまでに時間が掛かりやすい

注文住宅の施工を請け負っている工務店は全国に多くありますが、一般の消費者にとって信頼できる工務店を選ぶまでに時間が掛かってしまうという問題があります。そこで、初めて工務店に注文住宅の相談をする際には、見積もりサービスが優れているところや、過去の施工数の多いところを中心に探してみると良いでしょう。また、業界内で長年にわたる経験を持つ職人が在籍している工務店では、大手のハウスメーカーでは対応できないタイプの注文住宅の施工を引き受けてくれることもあります。そこで、まずは実際に工務店で注文住宅を購入した人の感想を聞きながら、各店舗の得意とする住宅の特徴や、担当の職人の腕前についてしっかりと見極めましょう。

工務店に依頼する場合